セラピスト紹介

お口と身体のケアサロン「き・ら・り」代表
 赤松 智香子(あかまつ ちかこ)

■プロフィール

歯科衛生士/ポラリティセラピー(JAPP免許取得)/介護予防教室講師/お口と身体のケアサロン「き・ら・り」代表

好奇心いっぱいの一児の母。カラダはちっちゃくても、とてもアクティブが自慢。23歳から歯科衛生士として歯科にて勤務。その後一児の母となる。歯はとても大切な体の臓器だということ、歯と身体の関係を提案する活動を始める。現在は『お口と身体のケアサロン「き・ら・り」』を運営。また、高齢者施設での歯磨きケア、教育関係者/介護・医療関係者向けの専門講座も開催している。


■リンク
ブログ~お口と身体のケアサロン「き・ら・り」~

日本ポラリティセラピー サポート協会


【 実績 】

2003年 新神戸歯科で勤務、歯科の全般(一般歯科、小児歯科、矯正歯科、インプラント歯科)を学ぶ。たくさんの疾病を持った方が、お口の中を整えていくことで、体調が改善され元気になられることを体験し、口と全身の繋がりに興味を持つことになる。9年間で1,000人ほどの患者さんと向き合うことを経験。

2008年 ポラリティセラピー(JAPP)免許取得。同時期から訪問歯科(老人ホームなど)で5年間現場で勤務。

2012年 親子向けの歯磨き教室が好評で、累計10回の開催となる。

2015年 お口と身体のケアサロン「き・ら・り」を設立。SOHOBOX北浜にてサロン運営を始める。その他、SOHOBOX北浜サロンにてセミナー開催や、イベント多数出展。(癒しフェア、あすわフェスティバル、こどもフェスティバル(COOP自然派)など)

2016年 7月には福祉施設「ひなたぼっこ」にて、口腔ケアと機能訓練を施設利用者さんに指導するなど、介護、医療、教育関係の事業者からの依頼も受けている。

~お客様へのメッセージ~

 初めまして。お口と身体のケアサロン「き・ら・り」は、お口から身体と心を元気にしたいという思いで始めました。お口は、身体の入り口です。お口と身体の繋がりを皆様にお伝えして、もっとお口の凄さ・大切さを知って頂きたいと思っています。